マンション投資が評価される理由

資金を運用する方法としてマンション投資が評価される理由は、為替みたいにしょっちゅう相場で気を揉むということにはならないからでしょうか。しかしながら、昨今買うのがためらわれる状況が続いています。

不動産賃貸でかせぐ賃貸経営として、アパート経営であるとかワンルームマンション経営等があるわけですが、この経営において留意しなければいけないものということでは、空室対策があるのです。

投資対象の一つと考えられる収益物件には、家賃など一定の賃料で得られる利益以外に、購入価格と売却価格の差によって収益が出る物件もあることをお伝えしておきます。賃料のような利益のことは投資信託の分配金と同じような「インカムゲイン」、マンションやアパートを売ることで利益が生じたものは為替取引での利益と同じく「キャピタルゲイン」と呼ぶケースもありますので、混同しないようにしてください。

マンション経営の成果として喜ばしいのは、入居者が買いたいと申し出てくることだと考えて間違いないと思います。そういった経営を望むなら、しっかりと管理をやっているマンションを保有するのが大事でしょう。

不動産投資の魅力を一つあげるとなると、現実的にとても堅実な投資であろうということになりそうです。難しそうな不動産投資ですが、実は家賃で利益を得るだけのとても簡単なものです。

賃貸経営での懸案事項である空室対策は、管理する業者の人とその物件の家主が相談していくと思われますが、工事費用を払わなければならないとしても改装することが空室対策に一番の効果をもたらします。

一括借り上げのデメリットとして押さえておくべきは、数年に1回の契約更新をするタイミングで保証される家賃が少なくなるということに加え、いつまでもサブリースを継続したかったら、費用がかかるのをいとわずメンテナンスをやってもらうことが必要だということだと思います。

首都圏が中心にはなるものの、不動産投資セミナーは随分と参加者が殺到しているみたいです。全体的にはアパートなどへの不動産投資は危なげがなく、20~30代の感性に通じるということでしょう。

業務の大部分は管理会社が行ってくれるため、不動産投資を始めたオーナーが行なうことと言えば、好きなときに金融機関が融資してくれるように、本来の目的とは関連性がない借入はしないで、本業に邁進することです。

マンション経営は普通の人には無縁のものと捉えられがちですが、アパート経営をするのとは違い、1つの建物全部を収益物件だとみなして投資するわけではなく、マンションにいくつかある部屋のうちの1つを対象に小規模に始められる不動産投資であると言えます。

マンション投資を始めても、ずっと価値を守るつもりがあるのだったら、着実に手入れをすることがポイントになります。当然とも言えますが、大手が新築した分譲マンションは古くてもそれほど心配しなくて済みます。

不動産投資をする場合は、実際の物件を確認した数が重要です。ですから、スタートの頃は魅力のない物件が多くてうんざりするかも知れませんが、とにかく資料請求するということは基本と言えるのです。

「一括借り上げ」に関して問題が生じやすいのは、「一括借り上げ」方式が当事者同士がどちらも事業者の契約であるわけですから、マンションの家主などは消費者契約法で守られはしないということと、宅地建物取引業法にある建物の売買とは違いますから、重要事項説明はしなくて良いとされているせいだと思われます。

アメリカ・アジア等の海外不動産投資において無視できないだろうと思われるのは、為替が動くということです。何とか家賃を受け取ったって、円高に振れたら、その投資は必ずしもプラスとはならないのです。

不動産投資においては、収益物件の良否を精査するための目安として利回りを使いますが、総じて年間賃料と購入価格で導き出す表面利回りと、諸経費を加味して計算する実質利回りに区別されるということです。

物件の売却

今日はいつもより真面目な感じで不動産投資の話を(笑)

自分が入居者になる場合は、汚れ一つもない新築を選ぶかも知れませんが、投資をするのであれば、反対に「中古の物件に軍配が上がる」と言われるようなところもマンション経営の難しさであり面白さだと感じます。

アマチュアが手を出していいのは、ハイリスクである海外不動産投資じゃないのです。国内の物件を買い、その物件の賃貸料などの形で得られる収益を狙った、普通の不動産投資だけだと言ってもいいでしょう。

資金の運用ができる収益物件には、家賃などの賃料による収入だけでなくて、買った値段より高い値段で売り払って儲かるものも少なからずあります。賃貸料などから得られる利益は投資信託の分配金と同じような「インカムゲイン」、売買による利益は資産の価格変動によるものとして「キャピタルゲイン」と呼ぶ場合もあります。

利益を確定させるために、昨今、物件を売却する際は一括査定サービスなるものがたくさんでてきています。ちょうど私の埼玉の物件も、先日この一括査定サービスを使って査定をお願いしました。このサービスのメリットは、なんと言っても、無料で、めちゃめちゃ効率的に信頼できる不動産仲介業者が見つかるということです。是非光ってみてください。

マンションのオーナーなど賃貸経営している人の大部分は、入居者を募集する手を打ったり退去時の引き渡し、加えて定期的な点検や必要な修理といった管理的な業務を、専門の会社にお願いしているようです。

資金の運用先となる収益物件には、最初から住んでいる人がいる、オーナーチェンジ物件と呼ばれているもののように、入手すれば即座に賃貸料が入るようになるような物件も少なくありません。収益の面ではいいのですが、欠点として、部屋の中の様子を見ることは基本的には無理なのです。

マンション経営の収益性を測るのに、投資額に対する利益率を指し示す利回りがよく用いられるのですが、地方と都市部の物件について利回りの良し悪しによって比較することはやめてください。人口の少ない地方ではちっとも入居者がいないという危険性も高く、着実なマンション経営はなかなかできないでしょう。

会社員に人気の高い不動産投資は、いろいろある投資の種類と比較対照してみても、非常に取り組みがいがあることが認識できます。失敗率の低い投資という噂が流れ、若年層においても不動産投資を始める人が非常に多いのだと思います。

「一括借り上げ」を開始してからトラブルが生じるのは、「一括借り上げ」で結ばれる契約が双方とも事業者である契約だとして扱われ、大家は消費者契約法の消費者にならないということと、宅建法でいう売買契約には当たらないので、重要事項説明が義務づけられていないからでしょう。

資金の運用のために収益物件を購入するということで探していると、最初っから賃貸契約を結んでいる人がいる物件を見つけることがあるはずです。これはオーナーチェンジ物件と言われ、購入した時から賃貸料がもらえるわけです。

海外不動産投資と言うと、物件の値上がりによる利益が目的のものばかりに違いないと思い込んでいる人も見受けられますけど、実を言うと家賃のような収益が期待できる不動産投資というのもそれなりにあります。

自然の摂理として、人間誰しもいつ病気で寝たきりになったっておかしくはないのです。そんな最悪の事態に備えてマンション投資に精を出せば、それなりに頼りになると考えていいでしょう。

不動産投資については、信頼のおける営業担当と付き合うのが一番いいので、資料請求のおかげで担当の人と出会えるのは、何よりも意味があることだと言えます。

アパート・マンション経営などの不動産投資では、儲かる物件かどうかを見極めるために、利回りという数字を物差しにする人が多いと思いますが、表面利回りというものは、年間の収入全体を物件の購入価格で除して得られる数字です。

不動産投資をするなら、物件から得られる利益をかっちりと認識することが欠かせませんが、そういうようなケースで大方の人が重宝しているのが、利回りという数字だと言われています。

アパート経営は、少ない場合でも月毎に入居世帯分の賃貸料を手にできるので、同じお金を出資する場合でも、マンション経営と比べて収益率は高いはずです。

打ち合わせ

今日は新居の打ち合わせでした。

打ち合わせの間も、子供達はキャッキャとはしゃぎまわって、
真剣に打ち合わせしている僕らに、、

「パパ―、あそぼ―よー!」

って言ってくる。

ごめん、、今は遊べない。。
頼むから、ちょっと静かにDVDでも見ててくれぃ。。

もう間取りはほぼ決まっているので、
照明やら設備やらの細かな詰めです。

当初の予算は、建物だけで3,000万ちょっとでしたが、
既にかなりオーバーしてしまっていて、どうしようか思案中。。。
中途半端に妥協して、後から公開するのも嫌だし、、
かといって、、大幅に予算オーバーするわけにもいかないし、、。

キッチンや水回りなどは、なるべく妻の意向を反映しておきたい、
、、というか、、、後から文句言われるのも困るので、、
多少お金がかかっても、そういうめんどくさいことは避けておきたい。
、、というわけで、水回り系は、あまり予算を削れない。

あと、リビングも、過ごす時間が比較的多いし、
来客があったときは、リビングがメインになるはずなので、
極力居心地のいい空間にしておきたい=あまりチープなものにできない。

、、となると、、寝室とか、書斎とかの部分は、
ちょっと妥協せざるを得ないので、
比較的リーズナブルな素材をうまく仕上げて、
上質なものに見せる工夫をすることにしよう。

あと削る部分は、ルーフバルコニーの床。
業者に頼まず、IKEAとかでタイルとかフローリング材を買ってきて、
なんとか自前でやることにしようかと思う。

それにしても、、ちょっと資金繰りをなんとかしなくては。
予算もちょっとオーバーしてしまうし、自宅を少しでも高く売りたい、、。

いい仲介業者見つけて、そろそろ動きださなくては。

新居

来春の完成を目指して、新居を建築中です。

いま住んでいる2LDKのマンション、
家族4人ではかなり手狭になってきたので。

個人的には、引っ越しは年中の息子が小学校に上がる頃でいいか、
なんて楽観的に考えていたけれど、とにかくカミさんがもう限界らしい。
「もうこんな家、嫌だ。」
「なんでこんなに狭いんだ!」
とか平気でわめいている。

最近、こういう系の話でよく喧嘩になるのだけど、
いまの家だって、生活費だって、全部出しているのは僕。

妻も働いているけど、自分の服とか子供の習い事とか、
自分の好きなことにしか使わないくせに、「共働き」を主張してくる。

なんなんだ、あれは。
あまりにも横暴。
あまりにもワガママ。

そんなに文句言うなら、自分で金出して広いところに住んでくれ。
生活費も、子供達の保育料も、全部払ってくれ。
こっちだって、会社で結構辛い思いしながら金稼いでるんだ。

最近の夫婦喧嘩は、ちょっと変わってきた。
ほぼ決まって娘が仲裁に入ってくる。

「パパ、ママ、けんかしないでっ!」

って。
お構いなしに口喧嘩を続けていると、

「やめてぇ~。けんかちないで~。うぇ~ん(泣泣泣)。。」

この娘の姿を見て、喧嘩は休戦となる。

子供はかすがい、とはよく言ったものだ。

ほんとにかわいい。